またーりといくよ。
ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。

PREV | NEXT

ZOIDS ジェノブレイカージェット
2010/05/03 01:20

久々に3日も間が空いてしまいました。
ついスーパスト4をやり過ぎt一応不定期更新ですし、こういうこともあるさーということで(マテ

さて、言い訳はともかく(何 今回のネタへ行きたいと思います。
今回はゾイド。
新ゾイドシリーズから、ゾイドコア・ドットコム限定のジェノブレイカージェットを紹介します。
画像
以前紹介したアイアンコングPKと同じ、Twitterのフォロワーさんから譲っていただいた物になります。
ある意味代理レビューと言ってもいいでしょうね……wありがたいことです。

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくり待ってください・・・(;´∀`)

画像画像
ということで、今回はジェノブレイカージェット。
ハピネット系のゾイド専門オンラインショップ、ゾイドコア・ドットコムで限定販売されたリカラー版になります。
ジェット(黒玉)の名にふさわしく、黒基調のカラーに変更されています。

画像画像
左右から。
このジェノブレイカージェット、製品仕様としては単純にジェノブレイカーの色違い。
なんですが……なんでしょうね、このやたらな格好良さはw

画像画像
前後から。
ジェノザウラーからの一番の変更点、背中のスラスターユニットのゴテゴテ感がなんともステキですw

画像画像
上下から。
下からはほぼ色違いのジェノザウラーですが、やはり上から見るとごつさが段違いです。

画像画像
顔周り。
ジェノザウラーとの違いは、頭頂部の武装がレーザーガンから接近戦用のレーザーチャージングブレードに変更されている点。
一応、ジェノザウラーのパーツもまるまる付いてくるので、元の武装に戻すことも可能です。
頭を手動で下げることで下あごのロックが解除され、荷電粒子砲発射状態になるのもジェノザウラーと同じ。

画像
レーザーチャージングブレードは伸ばすとこんな感じ。
結構な長さがありますね。

画像
歩行中にはこんな感じで目が発光します。
目だけ光らせる方法がないのがちょっと残念……って、こういう写真撮るときくらいですけどね、目だけ光らせたい時ってw

画像

ジェノザウラー同様、コクピットは胸元に。
コクピット周りにクリアパーツが一切無い、というのもゾイドとしては珍しいですね。

画像
コクピットオープン。
キットの構成は通常のジェノブレイカーそのままなので、レイヴン人形が付いてきています。
レイヴンはジェットのパイロットはやってないんですけどねぇ……(;´∀`)マァ ショウガナイデスネ

画像
腕。
設定上は射出機構があるんですが、歩行ギミックの都合もあってその辺はオミット。
爪も上二本は歩行時に連動して動くので可動はできませんが、下にある親指相当の爪は手動で動かせます。
あまり意味はないですがw

画像
太股部分にはウエポンバインダーを装備。
実弾とレーザー砲を兼ね備えた武装です。
ゲーム「ゾイドインフィニティ」では初期武装としてなかなか重宝しますw

画像
バインダーのサイドを展開するとミサイル発射口が。
ちゃんと開いたときと閉じたときでロックがかかるようになっている、ちょっと嬉しい作りです。

画像
背中にはウイングスラスターユニット。
ジェノザウラーから最も大きく変わった部分ですね。
前述の通り、元のジェノザウラーの装備も付属してますので、こちらも元の装備に戻すこともできます。
全部戻すと黒に赤なジェノザウラーに。アニメで一時期レイヴンが乗っていたカラーリングに近いですねw

画像
ウイングスラスターのマグネッサードライブ(後方に伸びている筒状の部分)は一本ずつ上下可動が可能。
任意の角度をつけることができます。

画像
そしてウイングスラスターユニットの側面に付いているのが、ジェノブレイカー最大の特徴であるフリーラウンドシールド。
HMM版ほどではありませんが、こちらも基部のアームが可動、ある程度自在に可動します。

画像
そしてシールドから展開するジェノブレイカーの象徴的武器、エクスシザース。
ぶっちゃけ、でっかいハサミですw
通常カラーでは機体色が赤なこともあって、蟹バサミ呼ばわりw

画像
前述の通り、フリーラウンドシールド&エクスシザースは基部からアームで可動します。
HMM版ほどぐねぐねは動かせませんが、前方に突き出すくらいは可能ですね。

画像
ちなみに電源スイッチはウイングスラスターユニットの下。
シールドが邪魔で、スイッチ操作が超やりづらいですw

画像画像
脚を後から。
ふくらはぎのスラスターカバーと、踵のアンカーが手動で可動するようになっています。
アンカーを展開することで荷電粒子砲発射形態を再現可能です。
アニメの方だと下げなくても撃てちゃってますがw

画像
尻尾。
本来は荷電粒子砲発射時にカバーが展開する設定ですが、残念ながら尻尾の付け根のカバーしか開閉できません。
この機構の再現は後のバーサークフューラーまで待つことに。

画像
荷電粒子砲発射状態。
……あ、アンカー下げてませんね(;´∀`)
しかしそれを差し引いても、尻尾から首が一直線にならない+各部カバーの展開ができないため、
単に口を開けているだけにしか見えないのは残念ポイントですね。
この点もバーサークフューラーでは解消されてたわけですが。

では、恒例の歩行動画です。

高画質版はこちら
今回無駄に長めですw
目を発光させ、口を開閉。手の爪をにぎにぎしながら腕を振って歩行します。
よろけているように見えますがこれはある程度わざと。重心移動の関係です。
といっても、ジェノザウラーから背負い物が増えているおかげでかなりギリギリではありますw

画像
さて、このジェノブレカージェット、一応(キットの発売とは別に、でしたが)妄想戦記でも登場しています。
「双子の魔女」というストーリーにて、主人公の姉妹が二機のジェノブレイカージェットに乗っています。
といっても妹の方はBタイプという別装備で見た目は別物ですが……(こんなのです)
ですので妄想戦記カテゴリで出てきても良さそうな物でしたが、何故かショップ限定。まぁ良いんですが……w
もしHMM版として出てくることがあるなら、きっと追加パーツとしてBタイプへの換装機能が付いてくると信じてますw
……AタイプとBタイプを並べるんだ!とか言い出して二個組む悪夢が容易に想像できますが(;´Д`)

画像
以上、ジェノブレイカージェットでした。
やはり黒は良い……!黒くするだけでかっこよさ数割アップですから、ある意味黒は反則です(何
そして改めまして、いい物を譲っていただき本当にありがとうございましたm(__)m

PREV | NEXT

COMMENT VIEW(3)
COMMENT WRITE
TRACK BACK(0)
BLOG TOP


LOG IN


Powered By FC2 BLOG
Designed By REVELATION 2nd.




  1. 無料アクセス解析
PV: